• HOME
  • 琥珀とは?
  • 植物由来の宝石
  • 琥珀STORY
  • ロシア琥珀治療
  • 琥珀の処方箋
  • 研究開発室
  • 商品情報
  • 琥珀肌シリーズ
  • 琥珀肌シリーズ
  • 琥珀肌シリーズ
  • 琥珀肌シリーズ
  • 琥珀肌シリーズ
  • 琥珀肌シリーズ
  • 琥珀美容
  • 琥珀エステ
  • 温顔ケア
  • 企業情報
  • HOME >
  • 琥珀肌:研究開発室

琥珀肌 誕生!

「琥珀肌」開発ストーリー

1 0 年かけて生まれた琥珀化粧品

ヤマノが琥珀の研究をスタートさせたのは今から15年以上前。宝飾品としての琥珀販売の誘いをきっかけに調査したところ、ロシアで医療や美容へ活用されていたことが判明し、代表取締役会長兼社長 山野幹夫はその可能性を直感しました。
しかし当時のヤマノは基礎研究をほとんど行なっておらず、より科学的なアプローチで独自技術を確立すべきという意見が出てきました。そんな折に出会ったのが、国立研究開発法人理化学研究所。肝臓や皮膚におけるビタミンA の研究を行なっており、その内容が琥珀に期待される作用と近かったこともあって基礎研究を共同で行う事を受け入れて頂きました。

しかし一口に「琥珀成分」とは言っても、その種類は何千、何万種類にもおよびます。肌に良い成分は何か、そしてその成分を細胞に効率よく行き渡らせる方法を追求するため、まずは琥珀の抽出法から研究は始まりました。精製しすぎると構造が不安定になる、原料の琥珀粒の産地や年代によって実験結果が変わる……。幾多の困難を乗り越えながらも、国立研究開発法人理化学研究所において 琥珀が持つ皮膚のターンオーバー促進効果とヒアルロン酸産生促進効果を発見し、2012年3月にはそれらの特許をW取得しました。この基礎研究成果に基づきヤマノは、ライセンス許諾を受け、素晴らしい琥珀の効果をより多くの女性に実感していただくために、独自の従来技術とも融合させた上で「琥珀肌」の処方開発に着手。満を持して、発売を開始しました。


10年かけて生まれた琥珀化粧水。 『琥珀肌』は「しっとり」と「とてもしっとり」の2 タイプ。年齢による肌の悩みに働きかけます。


ページの先頭に戻る